雨でも履けるおすすめグルカサンダル!タフでお手入れも簡単|WHEELROBE(ウィールローブ)

レビュー

こんにちは、大阪福島にある日本一見つけにくい靴磨き屋「SHOESLab.TORCH」の松田です。

今朝外に出るとセミの鳴き声が聞こえていよいよ夏も本番にむかっていくんだなと感じました。

そんな夏の定番の履物としてここ数年取り上げられるようになったのは「グルカサンダル」

本日はウィールローブから発売されているグルカサンダルのお話。

元々はインドの傭兵集団グルカ族が履いていたごりごりの軍靴です。

しかし現代ではというと、軽くなりがちな夏の服装にすこし大人っぽさを加えてくれるおしゃれアイテムとして世間にも浸透してき始めています。

そんなグルカサンダルをこの夏購入しようと思っているそこのあなた!

どこのブランド買うか結構迷いませんか?

一番に候補に挙がるのはパラブーツあたりでしょうか。価格的に入手しやすいg.uコンバースなんかもありますよね。

ただ人気のブランドはどうしても他の人とかぶる!

夏の服装はバリエーションも少ないのでただでさえかぶりやすいのに靴までかぶって予期せぬ双子コーデ・・・

なんてことになったらもう目も当てられません。

そんな危険な状況を回避するため靴磨き屋としておすすめする丈夫で履きやすい通好みのグルカサンダルをご紹介いたします。

スポンサーリンク

コチラがウィールローブのグルカサンダルです

それがコチラ

ウィールローブのグルカサンダル

【ウィールローブ ROCOCO別注 グルカサンダル ¥31,900(税込)

ウィールローブさんといえば古き良きアメリカントラッドをメイドインジャパンで再構築した日本の革靴ブランドです。

ポストマンシューズやワークブーツのイメージが強いんではないでしょうか。

そのウィールローブさんが大阪発のセレクトショップであるROCOCOさんとコラボして発売されたのがこのROCOCO別注グルカサンダルなのです。

カラーはブラックバーガンディの2色展開でサイズは7、8、9、104サイズ。

私は足長24.5なのでを選択しました。色はバーガンディです。

それでは購入したグルカサンダルの魅力をたっぷりと語っていきましょう!

スポンサーリンク

とにかくタフ!雨でも履けます

グルカサンダルの取扱いは以前からあったようですがスエードだったりワインハイマーのカーフだったりとなぜかウィールローブらしくないものばかり。

しかしこちらのグルカサンダルはホーウィン社のクロムエクセルレザーを使用しております。一気に”らしさ”が出ますよね。

ちなみにクロムエクセルレザーとはオイルドレザーの一種で簡単に言うと通常よりも油分をたっぷり含んだ革です。

雨に強いし傷にも強い

油分をたっぷり含んだ革にはメリットがいくつかあります。

まず水に強いというのが1つ目の特徴。突然の雨が降ってきたなんてことも多いこの季節。そういったときにある程度は水をはじいてくれるのは心強いものです。

雨にも強い

こんな風に水を垂らしてみても粒になってきちんと弾いてくれてます。

2つ目の特徴は肉厚なのに柔らかい!

通常のビジネス用の革靴はだいたい1ミリ程度の厚みですがこちらはなんと2.2ミリ。頑丈で型崩れしにくい仕様となっております。

さらに柔らかい。自分の足にすぐ馴染んでくれます。

このサンダル自体は少しワイズが細めで足が幅広な私は入るかどうか不安でした。実際初めて足を入れた時は結構締め付けられる感じだったので不安的中!

と思いきや30分ほど履いているうちにもう締め付けは気にならなくなり思わずにっこり。

人の熱で柔らかくなり適度に伸びて足にフィットしてくれるんですね。

そして表面の革も柔らかいので傷はつきやすいですがその分すぐに元に戻ります。

大抵はブラシでささっと撫でるだけで元通り

深めの傷ができた時の治し方

しかし時にはそれだけでは治らない傷がつく場合もあるでしょう。

つま先に結構大きめの傷が入っています。ガツンと何かを蹴ってしまいました。やっちまったぜ。

と、普通の革なら絶望ものですがそんな時はこうしましょう。

まずはクリームを少量塗りこみ

レザースティックでならします。

レザースティックがない!高い!という人は水牛の角を使ったかっさ棒で代用しましょう。かくいう私も代用品を使用しています。

するとこの通り

ほぼ目立たなくなりました。すごーい!

このように雨に強いし傷にも強いので多少の悪環境でもガシガシ履けるというメリットがサンダルとうまくマッチしています。

スポンサーリンク

お手入れ方法と頻度

さあそんなタフさが売りのこのグルカサンダルですがメンテナンスはどうすればいいの?というのも気になるところでしょう。

基本的には日々のブラッシングで十分です。帰宅して脱いだ後に馬毛ブラシでブラッシングしてその日ついた埃や汚れを落としてあげましょう。

後は表面が乾燥してきたなと思ったら

リムーバーで汚れ落とし→クリーム塗布→ブラッシング

のメンテナンスを適宜行います。ここは通常の革靴と変わりません。

ただ普通の革靴と違って日々のブラッシングさえしっかりしておけばそこまでこのメンテナンスをする必要はないかと思います。

だいたい半年に1回くらいでしょうか。気になる方は2、3か月に1回くらいのペースでも大丈夫です。

使うクリームはオイルドレザー専用のものを使っても良いですが私はもっぱらクレム1925を使用しています。こちらにもしっかり油分は入っているので。

ただくれぐれもクリームの塗りすぎ、オイルの入れすぎにはご注意ください。革が柔らかくなりすぎると伸びすぎて逆に裂けやすくなってしまいます。(クリームに入っている油分くらいではよほどのことがない限り大丈夫だとは思いますが)

まとめ

今回はウィールローブのクロムエクセルレザーを使ったグルカサンダルを紹介させていただきました。

改めてまとめると

1. とにかくタフ!

2. 足馴染み抜群

3. お手入れ簡単

というクロムエクセルレザーの特徴がラフに履く環境の多いサンダルとうまくマッチした1足だなと思いました。

ガシガシ履けるサンダルを探している方、人とかぶらないグルカサンダルをお探しの方にはおすすめしますのでぜひとも検討してみてはいかがでしょうか。

人とかぶらないとは言いますが私とは絶対にかぶりますのでその点はご注意を。

また今回ご紹介したグルカサンダルが気になるけど実物を見てみたい!という方は当店で店主の私物を存分に見られますのでお気軽にご来店ください。

↑こちらより来店予約していただければ便利ですよ!

それでは次回もお楽しみに!


「SHOESLab.TORCH」とは

「履く」だけの革靴なんてもったいない!を信条に同世代に革靴の魅力を広めるため

某一部上場企業から脱サラし、大阪福島に靴磨き・中古革靴専門店を2021年にオープン。

店の見つけにくさには定評があり日本一見つけにくい靴磨き・中古革靴専門店を逆に

目指そうかと考え中。

「TORCH」についてはコチラ


靴磨きの予約はコチラより

中古高級革靴のWEBショップはコチラよりご覧いただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました