【レポ】RAYMAR(レイマ―)展示・試着会に行ってきました&購入した靴をご紹介・サイズ感、見た目など【レビュー】後編

レビュー
スポンサーリンク

いよいよレイマーのAllanをレビュー

お待たせしました。今回は最強コスパ革靴メーカーとして良く知られているレイマーさんの展示・試着会で購入した革靴のレビューです。

前回は展示会のレポートが少し長くなってしまいやむなく!やむなく!前後編に分けるという苦渋の決断に至ったわけでございます。(決して引き延ばしなどではございません)

前置きも早々にさっそくいってみましょう。

スポンサーリンク

コスパ最強革靴は伊達じゃない!その贅沢すぎる仕様

購入したのはこちら

レイマー、Allan

【Allan スキンステッチUチップ ブラック】

お値段は公式WEBSHOPで33,000円(税込)

販売されるたびに即完売する人気モデルですが今回はリジェクト品販売会にてリジェクト品ながら驚きの価格でGETできました。

見た目はエドワードグリーンのドーバーによく似たスキンステッチが入ったUチップです。

この靴、何がすごいかって一言で言うと

3万円代なのにワインハイマー社製のボックスカーフを使っていてトゥにはスキンステッチが入っておりアウトソールはヒドゥンチャネルのチャネルの半カラス仕様、ヒールはピッチドヒール、そしてハンドソーンウェルテッド製法なんです!

いいですか?もう一度言いますよ?

3万円代なのにワインハイマー社製のボックスカーフを使っていてトゥにはスキンステッチが入っておりアウトソールはヒドゥンチャネルのチャネルの半カラス仕様、ヒールはピッチドヒール、そしてハンドソーンウェルテッド製法なんです!

結局何が言いたいかというと

「ぜんぜん一言で言い表せねえ!」です。

はい、順番にいきましょうね。

まずアッパーにはワインハイマー社製のボックスカーフが使用されています。

Allanのアッパー

これが非常に良いです。

きめ細やかで軽くブラッシングするだけでツヤが出てくれます。ずっと撫でていたいぐらいのさわり心地ですね。

アウトソールはヒドゥンチャネルの半カラス仕上げ

Allanアウトソール

高級革靴やビスポークシューズによく見られる手間がかかる仕様です。

ウエストも良く絞り込まれてますね。

Allanアウトソール

細かいですが半カラスの切り替え部に飾り模様も見られます。

後ろから見るとこんな感じ。

ピッチドヒールなのでよりドレッシーに仕上がっています。ヒールカップも程よく絞ってありかかとのホールド感は抜群です。

これだけ手間のかかる仕様をふんだんに盛り込んでおりそしてハンドソーンウェルテッド製法。

革靴って比較的値段と仕様が比例するものなんですがこの靴はいい意味で比例しておりません。

33,000円でこんなにも贅沢な革靴は世界中探しても見つからないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サイズ感・履き心地は?

とりあえず先にプレメンテしました。クリームはクレム1925、ワックスはサフィールノワールのビーズワックスポリッシュを使っています。

いつものメンツですね。ただ今回プレメンテということで使用した色は黒ではなく革本来の色合いを楽しめるニュートラルにしました。

まだ補色の必要もないので黒を使うのはとりあえず半年先くらいかな。

Allanプレメンテ後

まずはサイズ感ですがこのAllanは5722という木型を使用しておりレイマーさんの中では少しタイト目な履き心地。

ちなみに私は足長24.5のワイズE。

試着会ではスタッフさんに「タイトに履きたければ6h、ゆったり履きたければ7」とアドバイスしてもらい、タイトに履きたかったため6hを選択しました。

実際に履いてみると少し横幅が締め付けられる感じはありますがきついという感じではなくまさしくタイト目に履いているという具合。

足を入れるときの空気が抜けるスポッという音もたまりませんね。

縦の長さもばっちり合ってます。

馴染んでくるともう少し楽になってくるかな。

そしてシワ入れ。

Allanアッパーアップ

細かい良いシワですね。

まだ室内履きの試運転ですが歩いてもどこかが痛むということはなく革も柔らかいので非常に良い履き心地です。

これから育てるのが楽しみですねぇ。本格的に外に履いていく前にヴィンテージスチールを取り付けようか悩み中。

まとめ

評価

 価 格  ★ ★ ★ ★ ☆  | 安い! 
 造りの良さ(見た目)  ★ ★ ★ ★ ★  | 最高!
 革の質  ★ ★ ★ ★ ★  | 最高!
 革の柔らかさ   ★ ★ ★ ★ ☆  | 良い!

いかがでしたでしょうか。

3万円代では考えられないほどの贅沢な仕様でまさにコスパ最強革靴の名は伊達じゃないなと改めて感じました。

一般の人からすると革靴に3万円?ちょっと高い・・・。

と思われるかもしれませんが履けば絶対にその価格以上の価値があることがわかっていただけると思うので少し高い革靴に挑戦してみようかなという人にもおすすめです。

いや、もはやすべての人におすすめできるほどの大変良い革靴だと自信をもって言えるでしょう!(お前は誰なんだ)

レイマーを販売している有限会社サンレイの大石さんは、価格うんぬんよりもいろいろな方の協力で実現できた「レイマー」という革靴を一人でも多くの方に届けたいと語っておられます。

こうした素晴らしい信念をもったメーカーさんを応援しないわけにはいかない!とすべての革靴好きの方たちは思っていることでしょうし私もその一人です。

今回紹介したレイマーさんは他にもお手ごろな値段で様々な本格革靴を販売されておりますので興味がある方は一度ヤフオク公式ショップで検討してみてはいかがでしょうか。

【レイマー公式オンラインショップはコチラ】

また、興味あるけど実際どういう感じなのか見てみたい!という方は店主の私物で良ければ存分にお見せできますのでお気軽にご来店ください!

来店は下記のボタンから予約していただきますと便利です!

次回もお楽しみに!


「SHOESLab.TORCH」とは

「履く」だけの革靴なんてもったいない!を信条に同世代に革靴の魅力を広めるため

某一部上場企業から脱サラし、大阪福島に靴磨き・中古革靴専門店を2021年にオープン。

店の見つけにくさには定評があり日本一見つけにくい靴磨き・中古革靴専門店を逆に

目指そうかと考え中。

「TORCH」についてはコチラ


靴磨きの予約はコチラより

中古高級革靴のWEBショップはコチラよりご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました